FC2ブログ

たすきがけ

絵描いて 芝居つくって ・・・日々のヨロコビ

2010-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛利武彦の軌跡展


SBSH1664a.jpg


「毛利武彦の軌跡展」に行ってきました。


4月、ZAPPAの美術合宿中のある夜、造形担当のsaiちゃんと話していて、
私の大学時代の恩師、毛利先生の話になりました。

スケッチ旅行の話
講評会の話
個展に来てくださった時の話
私の離婚について奥様と泣いてくださった話
戦死した同級生の話
無言館の話・・・
どういうわけか思い出すまま次々と
ぜんぜん関係ないのにsaiちゃんに話して聞かせていました。

翌朝 同級生から訃報・・・。
先生の話をしていた時はもう亡くなっていた時間だったけれど
何か感じていたのかもしれないです。




昨日 夕方の展示室には誰も居なくて
先生と2人で居るような気がして
先生、今 描くのが苦しいんですけどどうしたらいいですか
って聞いていました。

先生の作品はどれも
描くのが苦しいのはしかたないよと言っているようで
すべてを淡々と受け容れているようで
静かに、でも強く重く、押し寄せてくるようでした。

ああそうか・・・
描くことの苦しみも 生きることの苦しみも
とても贅沢なことなのかもしれない。

「才能のある友が死に
才能のないこんな僕が生き残ってしまって・・・」
先生がそう言っていたことを思い出しました。





無言館に行きたい。
スポンサーサイト

異空間

日曜の夜は人通りが少なくて不安になる。

時々思う。
たとえば歩道の電信柱と塀の 人一人が通れるくらいの隙間。
もしここが異空間に繋がっている門みたいなところだったらどうしよう・・・とか。

すぐ目の前の停留所にバスが停まってドアが開いて また発車した。
でも乗降客がいたように見えなかった。
もしかしたら見えない誰かが居たのだろうか・・・とか。

やたらと明るいコンビニやファミレス。
ちらと中を見ても誰もいないと
すべての人がいなくなってしまったんじゃないか・・・とか。
すべての人が見えない存在になってたらどうしよう・・・とか。

世界は私が見ていることで存在していて
それ以外の見えないところは実は裏に回ればベニヤ剥き出しかもしれない・・・とか。




こどもの頃、寝ていてよく天井を歩くことを想像した。
世界が逆さまだったら 天井にはやたらと凹凸があり
跨いだり登ったり面白そうに見えた。
ドラえもんの「重力ペンキ」が欲しかった。

養老天命反転地に行った時
自分と似たようなことを考えてる人がいるんだなあと思った。



めったに人には話さないけれど
みんなもこんなこと普段考えてるんだろうか???

深呼吸

SBSH1660a.jpg

またマイナスな文章書いたもんだから
メールやコメント頂きました。

たびたびすみません;
ありがとうございます。


深呼吸とか旅に出るとか 切り替えたり掃除したりみたいなことが必要なんだろうね。
そういえば「深呼吸の必要」って映画、あったな。


搬入後に「どっか行きたいなぁ」って呟いていた。
「どっかってどこだろう?」
何も考えてなかったことに気づいた。
考えてみて出た答えは
「何もない、ただ広い、風が抜ける草原」だった。

遠くに行けるとしたら
奈良に行きたい。
出雲もいい。
大地が黒くて重い場所に行きたい。


もう少ししたら時間の余裕もできて 楽になるから
具体的に考えよう。

息切れ

SBSH1635a.jpg

先週また宣材撮影会をアトリエでやったのですが
片付けが大変でした。

搬入時のまま、絵皿がどばーっと広がってたんですよ。
その中に埋もれるように座って
何点もあっちに置いたりこっちに置いたりして
広げて描いてたんですよ。


あんなに苦しかったのに
「あと一週間続いたらいいのに」って思っていました。
何もしないでただ 描いていていい時間が嬉しくて
追われているのに それでもとても幸せでした。


まだ途中の作品もあるけれど
このまま片付けたら 私はしばらく描かないだろうと思って
絵皿の真ん中に立ってぼんやり考えていました。
少しでも描き足そうか?と。

・・・・でもとりあえず、絵皿を洗わずに重ねて片付けました。
そのうち続きを描くつもりで。


とはいえ
いつ描くのだろう。
いつまた筆を握る?




「一番描きたいものを描いたほうがいい」
頼りにしているある人が よくそう言います。
そのたび私は
「一番描きたいものはなんだ?」とか
「今描いているものは本当に一番描きたいものか?」とか
考えたりしました。
たいてい描きたいと思っても、描くと決めたり
何かに出品すると決めたりすると
「描きたいもの」が「描かなければならないもの」になったりします。

でも何の制約もなく、期限もなく、
一番描きたいものを描いてても苦しい場合はどうしたらいい?
描いてて苦しいけれど
描かないでいるのも 苦しくなるんだなと思い始めました。


それってずっとずっと苦しいってことなのかな。
なんかいつからか思い出せないけど
しばらく浅い呼吸しかできてない気がする・・・。



今やるべきことを ひとつひとつやって
その先に何か見えてくるのだろうかと。
今 描いてないのにまだ 砂に足をとられながら
息切れしているような状態が続いています。

なんだろうね、これ。
今までZAPPAが終わっても
個展が終わっても
こんな状態になったことはなかった気がする。


病気???


じっと手を見る

hp_IMG_6907.jpg

ごめんなさい
個展の会期前から 
終了後もたくさんメールを頂いていて
でもなかなかお返事できていません。
きちんと書きますので 少し待っててください。



元気にしております。
倒れたり風邪ひいたりしてないです。
ちょっと気持ち的には力が入らない感じですが
そのうちまた動き出すと思います。

・・・・という、ひとまとめに言い訳みたいにここを使う
とんでもなく失礼なお話です。



あいかわらず 感謝が足りないというか
恩を仇で返すような真似をしているわけです 私は。
こんなんでは見限られてしまうんだろう。





3日前、ふと手相が変わっていることに気づきました。
「ええっ?!」
って声が出ちゃうほど変わっていました。

会期中も手のひらを眺めていたような気がするんだけどなあ。
・・・・びっくりです。


何かが転機になったんでしょうか。
これから何がどう動くのでしょうか。
手相は統計学。

びっくりするほど・・・いいことが表れてました。


 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

すーびょん

Author:すーびょん







日本画描いてます
『須藤彰子ギャラリー』↓




展覧会や舞台のDMご希望の方は
メール下さい


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。